スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
救急救命講習。

更新が滞っていました。

まずは14週目のメニューのご報告からです。

1日目 Yoshiko's Taebo in Mizonokuchi
2日目 休み
3日目 Foundation / Power
4日目 Elite Upper Body
5日目 ジムにて筋トレ&エアロバイク/ Elite Lower Body
6日目 休み
7日目 休み

前回の記事で紹介しましたYoshikoさんのクラスは
あの後大反響で、みなさんやっぱりレッスンに
飢えていたのだと思いました。

こんなに身近で本場のレッスンが受けられるのに、
何故今まで行かなかったのか、不思議ですね。

私はあの後、会員になり、毎週クラスを受けられる
という特権に与っています。

さて、今日は救急救命の講習を受けてきました。

平成16年7月より、一般市民がAEDを使用しての
救命処置が出来るようになりました。

私が前回CPRの講習を受けたのは、10年くらい前で、
その時は、AEDを触るなんて、全く想像もつきませんでした。

では、簡単に内容をお話しますね。

始めに救急救命に関する20分くらいのビデオを
観てから、講義と実技がありました。

まずなにより大切で、一刻も早くしなくてはいけないのは、
消防への通報です。

それから、意識があるかの確認、
心肺蘇生(人工呼吸、胸骨圧迫つまり心臓マッサージですね)、
そしてAEDの使用、救急隊への引継ぎ、
そして最終的には病院での治療へとなっていきます。

これは「救命のリレー」と呼ばれ、
これが上手くつながれば、助かる確率がぐんと高くなるそうです。

そして私達一般市民がこのリレーの中で担うのは、
通報、意識の有無の確認、心肺蘇生、
AEDの使用、救急隊への引継ぎです。

特に胸骨圧迫は、この中でも重要で、
成人と乳幼児とでは、圧迫する位置等で
若干の違いはありますが、施す内容はほぼ同じです。

胸骨圧迫を30回、人工呼吸を2回を繰り返し行い、
救急隊の到着を待ちます。

成人でも、これは意外と体力を使います。
力が弱すぎても心臓に届かず、
効果が出ないのに、体力だけが消耗されてしまいますので、
もし救急の場面に遭遇したら、
躊躇せず思いっきりして下さい、との事でした。

そして、今回初めてAEDを使用しましたが、
医学的な知識など一切なくても、
音声メッセージで指示があるので、
その通りにしていけば、誰でも簡単に使う事が出来ます。

その他、喉に食べ物等が詰まった時の処置方法、
止血の仕方等々。

全て終了して、修了証をいただいて帰ってきました。

通報から救急車到着まで、
大体6分くらいかかるそうです。
その間に、すばやく心肺蘇生が行われれば、
患者さんが助かる確率は上がるそうです。

願わくば、そんな場面には遭遇したくありませんが、
もしもの時は、今回の講習を思い出し、
冷静に対処できるようにしたいですね。

 

スポンサーサイト
【2008/04/13 18:00】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<レッスン!! | ホーム | ジムでマシン初体験!>>
コメント
No title
私も修了証を持っていますよ。
ビデオや講師の方の話にも出て来ましたが、スピードが大事なんですよね。躊躇なんかしていられません。
本当に勉強になりましたよ。
遭遇したくはありませんが。
【2008/04/14 15:28】 URL | しんちゃん #-[ 編集] | page top↑
No title
しんちゃんさん。

そうですよねー、遭遇したくはないけど、
やっておくべきだと思いました。
やり方も徐々に変更されているみたいなので、
定期的に行こうかなー。
【2008/04/14 21:10】 URL | きゃんぱー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。